岸まつえ 平和と希望のまち新宿をつくる会

応援します

このエントリーをはてなブックマークに追加

岸まつえ応援団 「早稲田大学教授 守中高明さん」

多様性・人権・そして平和――岸まつえさんを応援する


新宿区は、東京で一番、いやおそらく日本で一番、多様な人々が暮らす街だ。日々汗を流して働くたくさんの人々がいて、いろんな希望や夢を持つたくさんの若者がいて、さまざまな人生を歩んできたたくさんのお年寄りがいる。国籍や肌の色だっていろいろだ。いろんな言葉やいろんなお国訛りが飛び交って、豊かなハーモニーを奏でる活気にあふれた街――それが新宿だ。

でも、残念なことに、みんなが毎日笑顔でいられるとはかぎらない。無認可保育園に大事な幼いわが子を預けて夜遅くまで勤めに出なければならないお母さんたち、勉強を続けるためにブラック・バイトで学費を稼ぐしかない学生さんたち、それに、決してあってはならない「ヘイトスピーチ」のせいで傷つきながらもこの街を愛し何世代にもわたって住み続けている外国籍の人たちだっている。

岸まつえさんは、そんなすべての人々の味方だ。苦学して四十三歳で弁護士になった彼女は、何を守らなければならないか、何が起きてはならないかをはっきりと知っている。人間は人間であるかぎり、男女の区別なく、職業や年齢の区別なく、国籍や民族の区別なく、そして健康であろうと病んでいようと、等しく尊重されなければならない。人権がこの社会において最優先の価値であるということ――そのことをあらゆる局面で彼女は確かめ続けてきた。そしてもう一つの最優先の価値、それが平和だ。この国は今、危険な道、「戦争のできる」国への道を進みつつある。だが、岸さんはきっぱりと言う――「幾千万人の戦争の犠牲を経てつくられた憲法9条を無傷で子どもたちに渡したい」。新宿区には防衛省がある。だからこそ、「平和都市宣言」をした新宿区民として私たちは、彼女とともに、憲法を守るよう政府に強く求めていく必要があるのでないか。

多様な人々が多様なままで、しかし等しく平和に明るく暮らせる街・新宿区――その確かな実現のために、岸まつえさんを私は応援したい。

早稲田大学教授 守中高明

▶ 一覧ページへ

Copyright © 2014 岸 まつえ All Rights Reserved.